火事から救われた「ジェイク」消防犬として活躍

昨年4月、米国サウスカロライナ州ハナハン市で、消防士のウィリアム・リンドラーさんが、火に包まれた家から救い出したピットブルのジェイク。

まだ生後数週間で、体の75%にやけどを負っていました。

治療費が払えないという飼い主に捨てられたジェイク。

消防士のリンドラーさんは、ジェイクを家に迎え入れ、面倒を見ることを決意しました。

ジェイクの心身の傷は癒え、すくすくと育ち、かけがえのない家族の一員となります。

快活で賢いジェイクは、たちまちリンドラーさんの職場である消防署のマスコット的存在になり、人気を集めるようになります。

「犬心」にも恩義と使命を感じたのでしょうか。地元の小学校での防災啓発活動にも参加するように。

そして正式な「消防犬」として辞令を受けるに至りました。

「子どもたちを笑顔にし、防災について学ぶことを手伝い、ハナハン市消防局の使命、ビジョン、価値を示すために努力を惜しまないこと」を宣誓!

今後は「不審火検出犬」としてトレーニングを受けるそうです!

成長したジェイク

飼い主のリンドラーさんと一緒に職場へ出勤。火事現場での少し悲しい出会いでしたが、いまは幸せなジェイクでした。

ジェイクのページはコチラ→https://www.facebook.com/Jakes-Page-87346935603996...

情報元:http://petcha.com/pet_care/jake-the-north-carolina...

http://www.heroviral.com/jake-firefighter-dog/2/

< >