ヒューマンソサイエティがレスキューした20匹の犬 (中国)

中国の玉林犬肉祭前に、Humane Society Internationalは、20匹の病気で負傷した犬を玉林の郊外の屠殺場から救い出しました。

犬たちは、眼感染症、皮膚病と裂傷のために獣医の処置のために避難所へ運搬されました。 先週、HSIはもう34匹の犬と猫を異なる玉林屠殺場から救い出しました。

アダム(動物保護と危機反応のHSIの責任者)は「明け方、我々は、屠殺場の外にある犬市場に行きました。 犬が小さいおりに詰め込まれて、熱さの中であえいでいるのを見た時は、とても悲しかったです。 私が犬に話しかけると、おりの1匹の孤独な汚い犬は小さな尾を振っていました。 犬たちがまだそれだけの苦しみの後、人間を信用していたのには、驚くほどです。 幸運にも、我々はその犬と19匹の他の犬を救い出すことができました。 我々は犬たちに水を与えました、そして、犬たちの尾は喜びに満ち溢れていました。 私は、我々がこれらの犬を取り出すことができた、そして、すぐに、その犬たちが楽しまなければならないですし、愛と快適さを知ってくれることと思います。」

玉林のHSIのチームは都市のムードが緊張していると報告しました。 そして、今日、玉林当局は、入って来る犬猫を積んだトラック(HSIと中国のそのパートナーが請願活動をした鍵となる提案)を止めるために、道路にチェックポイントを準備しました。 しかし、多くの動物が玉林にすでに持ってこられて、HSIは政府に屠殺場を閉鎖することのような、より決定的なステップをとるよう迫ります。

ピーター・リー(HSIのための中国の政策スペシャリスト)は、 「玉林は、たった今、その(犬肉食)息を殺しているような感じがします。 二ヵ月前、HSIによって、露出していたひどい屠殺場は閉鎖されましたが、 我々が訪問した時、もう一つの屠殺場は開いていました。しかし、我々は生きている動物を見ませんでした。 『犬』という看板にある言語は塗りつぶされたか、我々が見たレストランと屠殺場のいくつかでテープでおおわれていました、そして、玉林当局者は、若干のメディアで報告されたことに反して、犬肉売上が連続的に実際下落していたと我々に話しました。

「我々は、まだ市場露店が犬の典型的茶色のトーチランプの体が山積みにされるのを見ていません。 それは、確かに犬肉祭りを抑えたような玉林でした。 当局は神経質なようになっていて、犬と猫トレーダーに我々とつき合わないよう警告していて、犬肉レストランから離れ、公務員に警戒を促していました。」

中国の活動家たちは、命を失った動物たちの冥福を祈りました。大規模な犬の虐殺反対と玉林の犬の消費に注意をうながしています。

Humane Society International:http://www.hsi.org/news/press_releases/2016/06/yul...

https://www.facebook.com/hsiglobal

http://www.express.co.uk/news/nature/681585/Yulin-...

< >