【動物たちを守る支援。寄付金の行方が明確で信頼性が高い10の動物保護団体 アメリカ】

動物を助けたり保護するのは大変お金がかかります。設備を整えること、組織を運営、そこで働く人々の人件費、大変な労力と資金がいるのですが、中には人の善意を利用してお金儲けの為に寄付金を募るケースも残念ながらあるようです。

それは日本に限ったことではなく世界共通のことだそうで、野生動物や家を失ったペットを救うために信頼できる寄付先を探しているが、中々見つからないと言う人は多い。ネットに溢れる情報の中から、寄付金の使い途に関する嘘を見破るのは難しく、日本でもNPO法人は「ザル法」なので書類さえ整っていれば簡単に法人格を入手できることから悪質な団体や利益を目ろむ人間の隠れみのに利用されることがあり、監督庁の内閣府 市民活動促進課は警察のような捜査権がないことを逆手に取った団体が申請して来ることがあるそうです。詐欺まがいの商売行為や設立目的に記載されていない営利活動を行なっている団体もいます。

一生懸命稼いだお金を一度も会ったこともない、シェルターの実情を知らないまま、代表者個人の銀行口座に直接振り込むことはいかがなものでしょう。

日本には監視調査場所がないので、時々元スタッフによる内部告発などでやっと悪事が表に出ることがありますが、氷山の一角でしょうね。

アメリカでは動物保護施設を監視調査している、アメリカの「チャリティ・ウォッチ」が一定の基準に従って、動物保護チャリティを評価したリストを作成しています。この基準は例えば、悪徳業者にひっかかることなく動物たちを助けることができるというのです。素晴らしい!

チャリティウオッチに評価された団体をご紹介します。

***************************************

1,アメリカン・ウェルフェア・インスティテュート:評価A+

HP: https://awionline.org


主な活動目的は動物工場における残酷な取扱いの撲滅である。支出の96%がそのプログラムに直接費やされています。

2,フレンズ・オブ・アニマルズ:評価A

HP: http://www.friendsofanimals.org


数多くの業績の中でも避妊/去勢プログラムは、全国的な繁殖防止プログラムで実施された250万件の手術を支援したものとして一際輝く。これ以外にも数多くの実績で知られている団体です。

3,ワイルドライフ・コンサベーション・ソサイエティ:評価A

HP: http://www.wcs.org

野生動物と、その生息域の保全をミッションに掲げる ワイルド今サベーションソサイエティだが、ブロンクス動物園、ニューヨーク水族館、セントラルパーク動物園、プロスペクト公園動物園、クイーン時動物園も運営しています。これらの動物園を訪れれば、彼らの500以上にも上がる保全計画の内容を知ることができますし、こうした啓蒙活動は野生生物の保全活動において、極めて重要であり、それゆえに動物園が担う役割は大きいですね。

4,ペットスマート・チャリティーズ:評価A

HP:https://www.petsmartcharities.org

彼らが目指すのは家を失うペットをゼロにすることであり、北アメリカ全域で2,800以上の動物保護チャリティを実施しています。アメリカでは10匹に1匹の里親は彼らの尽力によるもので、全体では500万匹のペットが新しい飼い主に巡り会っているそうです。

5,パフォーミング・アニマル・ウェルフェア・ソサイエティ(PAWS):評価A

HP: http://www.pawsweb.org/support_paws_home_page.html


PAWSのサイトではその使命をこのように説明しています。「PAWSは以下に貢献します。パフォーマンス動物を保護すること、虐待や捨てられた、あるいは引退した捕獲野生動物に保護区を提供すること、野生種およびその生息域を保全すること、捕獲された野生の象に関する公共教育を推進すること。」同団体はカリフォルニア州で捕獲された野生動物の保護区を運営しており、象11頭、虎22頭、ライオン4頭、熊7頭、黒豹1頭が暮らしているそうです。

6,ザ・マリン・ママル・センター:評価A-

HP:http://www.marinemammalcenter.org


1975年以来、ゾウアザラシ、アシカ、クジラ、ラッコ、ゼニガタアザラシ、オットセイ、イルカ、ネズミイルカなど、彼らが救ってきた海洋哺乳類は18,000匹以上に上ります。また、海洋哺乳類や海と人間との関係についての啓蒙活動も積極的に行っており、毎年30,000人ほどの大人と子供が彼らの教育プログラムに参加しています。

7,D.L.E.T.Aレスキュー :評価A-

HP: http://deltarescue.org


とてもユニークな取り組みをしている団体で”ノー・キル・ケア・フォー・ライフ”自然保護区には800頭の犬をはじめ、1,500頭もの動物が暮らしています。ここに集められたのは同団体の代表者レオ・グリロ氏が個人的に救出した犬や猫たちです。

8,アメリカン・ヒューメイン・アソシエーション:評価A-

HP:http://www.americanhumane.org


1877年以来、アメリカン・ヒューメイン・アソシエーションは子供、ペット、家畜などを虐待から守ってきました。同団体の実績についてはそのウェブサイトに詳しいですが、同時に寄付金の使途についても知ることができます。特筆すべきは250匹の動物を保護していること。また、そうした動物が人間に馴れるための手助けもしています。

9,ヒューメイン・ファーミング・アソシエーション:評価A-
HP: http://www.hfa.org/index.html


HFAの至上課題は、工場式畜産場で飼われる動物の虐待を止めること。米国会議事堂が存在するキャピトル・ヒルに本部を置き、反虐待法の施行を推進できるアメリカ唯一のロビー団体です。工場式畜産を止めさせたい方は、こちらから寄付が可能。

10,ベスト・フレンズ・アニマル・ソサイエティ:評価B+

HP:http://bestfriends.org


ユタ州カナーブに自然保護区を構え、”全てを救え”を使命に掲げている。4百万匹いるとされる家を失ったペットをゼロにすることが目標。

どの団体も活動規模の大きさに圧倒されますが、素晴らしい取り組みをしているようですね。

日本ではこのような動物保護団体の評価する機関はありませんが、保護施設などの管理については環境省の管轄になります。

動物愛護団体の動物シェルター、公園等での非営利の動物の展示を行う団体に対し、営利を目的としない動物の取扱いを行う場合を「第二種動物取扱業」とする届出制度が新設されました。平成25 年9月1日「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)の改正で、シェルターなどにも、通報などがあれば、必要に応じて都道府県等の動物愛護管理担当者が立入検査を行い、守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理や施設が不適切と認められる場合など、都道府県知事や政令市の長が改善の勧告や命令を行います。届出せずに業を行った場合や改善命令に従わなかった場合は、30万円以下の罰金に処せられます。

最近では全国で初めて、2016年6月16日、劣悪な環境で猫を飼育していた墨田区江東橋の猫カフェ「ねこのて」(松崎和子社長)を動物愛護法に基づく登録取り消し処分が行われました。同社は事実上の廃業となりました。

こうして悪質なケースが通報により事件となり、廃業になるケースも出てきたということは大きな一歩でもあります。いまはSNSの発達もあり、情報が多く集まるようになったこともあり、通報や告発が以前より多くなったように思います。こうした市民の目の評価がなによりも大きな監視の目となるでしょう。

情報元:

http://www.viralnova.com/best-animal-charities/

https://www.charitywatch.org/top-rated-charities#a...

http://www.sankei.com/affairs/news/160616/afr16061...

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52186490.htm...

< >