動物実験用に飼われていた156匹のビーグル犬を保護

インドで実験用に飼われていた多くのビーグル犬が、「CUPA(Compassion Unlimited Plus Action)」によって救出された。彼らによれば解放されたビーグル犬は156匹で、ほとんどが2歳から5歳までだという。 しかも犬たちは化粧品を開発している研究所の狭いケージの中で、最小限の食事しか与えられずに育てられたため、今まで1度も太陽の光を浴びたことがなかったそうだ。 そこで「CUPA」は犬たちを解放するよう要求。研究所も訴え出るが、インド政府は5月16日に化粧品のために動物実験を行いたいとする研究所側の要求を却下。156匹のビーグル犬を全て解放するよう命じた。

人に怯え、常に暗い場所を求める

この決定を受け「CUPA」はさっそくビーグル犬を引き取り、彼らの新しい住居を確保。フェンスに囲まれた敷地に彼らを運び、生まれて初めて太陽の下に解き放った。 しかし今まで犬たちは外の世界を知らなかったため、実験室を出た時からひどく怯えていたという。人にも慣れておらずボランティアが近づいていくと常に暗がりを探し、隅の方へ行こうとしていたそうだ。 しかも新しい家に着いてもケージから外へ出なかったり、狭い檻に閉じ込められていたせいか普通に歩けなかったり、ぐらついたりする犬もいたと言われている。 だが幸いにも犬たちの健康には問題がなく、やがて敷地内を元気に走り回る姿も見られるようになったとか。

新しい里親の元で暮らせるよう準備

現在、「CUPA」は156匹のビーグル犬の新しい里親を見つけ、やがては引き渡すことを計画している。そのため犬たちの体を清潔にしたり、ワクチン注射をしたりして準備を進めてきたという。 またビーグル犬たちは当然、トイレの躾もされていなければ、散歩の仕方やおもちゃと遊ぶことも分からない。そのため7人のボランティアが付き添って、新たな生活に適応できるよう慎重にスキルを教えてきたそうだ。

このことは話題となり、彼らの世話をしたいという申し出が1000件以上も殺到。すでに26匹が新しいオーナーの元へ引き取られたと言われている。 閉ざされた実験室から解放されたビーグル犬たち。少しずつ新しい環境に慣れ、やがては元気いっぱいに走り回り、生きる喜びを味わってもらいたい。

CUPA FaceBook:https://www.facebook.com/cupaindia/

CUPA HP:http://www.cupabangalore.org

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160531-6192796...

< >