【ドッグセラピーとその効果】


動物との触れ合いをとおして、患者の症状の軽減を図る。犬を用いたセラピードッグは日本でも耳にしたことがあると思います。でも、実際に病気の治療にどれほど役立っているのかを実証するデータは、これまであまり出そろってこなかったようです。

そこで、American Humane Associationは、全米各地の5つの病院に協力をあおぎ、がんと診断された51名の子どもたちと31匹のセラピー犬の治療効果を調査。がん患者の子どもと、そのケアを進める保護者、さらにはセラピードッグと訓練士たちがドッグセラピーからどのような影響を受けているのかを調べました。

このほど米国内で、American Academy of Pediatrics National Conference and Exhibitionが開催されたことにおいて、分析結果が紹介され、セラピードッグの訪問を毎週受けた子どもたちは、ドッグセラピーなしの子どもたちと比較して、血圧や心拍数データが良好であると判明。また、QOL(生活の質)の向上にも、ドッグセラピーが素晴らしい効果を示していることが明らかにされています。

さらには、がん患者の保護者もセラピードッグとの触れ合いから良い影響を受けていることが示されました。ドッグセラピーを受けなかった、がん患者の子どもを抱える親は、治療期間全体を通じて、激しいストレスや不安の高まりという症状が認められます。一方、セラピードッグによるセッションを毎週受けた親は、4か月のドッグセラピーセッションの終了時点で、わずかながら不安感の軽減という効果が認められ、がんと闘う子どものケアによるストレスが抑えられたと報告されています。

日本ではまだ実際にわずかにしか浸透していないセラピードッグ。東京犬猫日和でも昨年から老人ホームへの訪問など積極的に参加することを実施していますが、多くの人に触られ、動じないセラピードッグとして参加できる犬達もまだまだ少ないのが現状です。日本でも医療現場の理解などが進んでくれることを期待します。

AAP: http://aapexperience.org

AmericanHumane : http://www.americanhumane.org/interaction/programs...

GIZMO: http://gizmodo.com/therapy-dogs-really-do-help-can...

< >