韓国の食肉処理工場から救出されたゴールデンレトリバー

韓国の犬肉加工場の近くのゴミ箱から1匹のゴールデンレトリバーが発見されました。犬肉加工場でこの子は生きたまま逆吊にされていました。逃げられないよう、足はキツく縛られた状態だったため、足の肉は腐り、感染症になっていました。肉を柔らかくするために、暴行も受けていたようです。しかし、腐った足と感染症のせいで売り物にならないという理由で、この子は生きたままゴミ箱に捨てられたのです。

この子はゴールデンレトリバーのメスで年齢は2歳。血流が滞っていた足首から下は壊死しており、ソウルの獣医のもとで切断手術を含め、約2か月にわたる治療が続けられ、ハングル語で“愛情深い”を意味する“Chi Chi”との名で呼ばれるようになった。

その後、米・動物保護団体「ARME(Animal Rescue, Media & Education)」のシャノン・キースさんが介入してチチは海を渡り米国へ。

里親に決まったアリゾナ州フェニックスのリチャード・ハウエルさん一家は今、義足の完成を楽しみにしているという。

いまは家族に囲まれ幸せいっぱいのチチ。

足が完治したら、チチはチチと同じように、手足の無い人たちのための「セラピードッグ」になる予定だそうです。

ARME: http://armeteam.org/ditd2/

< >