韓国の食用犬、ペットとして新生活を....
犬食肉農場に資金提供、転業促す

ある農場で、シニアになったスピッツは、ペットとしての犬生を送っています。 そのスピッツは、飼い主であるコンさんの後を追い、 そして、コンさんは、その犬を溺愛しています。

しかし、ソウルの南東にある彼の農場で、彼は「食肉」のために犬を育てていました。

食肉用の犬たちは、檻にしまい込まれ、屠殺場(200~300毎年)に売られるまでの期間、近くの町のレストランから集めた放棄された食物を食べさせていました。

飼い犬としてのスピッツの命と、食肉用の犬とでは「天国と地獄の違いです。」と、コンさんは認めています。

コンさんは、Humane Society Internationalと、最近合意しました。この団体は、研究所、家畜、コンパニオン・アニマルなどからすべての動物を保護するために働いている世界の唯一の国際的動物保護組織の1つで、農民に財政的な資金提供を行うことで、代わりの他の生計を行わせ、食用の犬たちを救う活動をしています。

韓国は、犬肉取引を工業化しました。 毎年、政府データによれば、17,000以上の犬飼育場は、約200万匹の犬を供給しています。

▲農場では檻の下で、糞便が積もり、そして、強烈な臭いを放ちます。

犬を食べる季節が近づくと、トレーダーは動物を買うために農場にやってきます。 現在の率で、80ポンドの犬は、250ドルの値がつき、屠殺場から、卸売り肉ディーラーが犬肉レストランで食事を提供するとお客の多くが、辛い野菜、香辛料のきいた調味料と細かく切られた犬肉を楽しみます。韓国人は、犬を「bosintang」または「体によいスープ」というそうです。

国が貧困だった、そして、肉が不足していたとき、犬の肉食は人気が出ました。

しかし、韓国が裕福になると、動物に対する態度が変わりました。 ペットを家族に迎えることが当たり前になりました。 虐待された犬を救い出すことのテレビ番組は、人気があり、 4月の議会選挙で、1つの小さな党は、動物の権利を擁護しました。2018年に韓国で冬季オリンピック前には「動物の窮境の一般の認識を押し上げること」が期待されています。

コンさんは、彼の犬(動物保護グループとの協定中でアメリカ合衆国へ空輸)の17匹を見送りました。 そして、彼らが予防接種を受けて、韓国から飛行を待つ間、持っている犬を見つめました。

「私は生計を立てる自分の道を恥じていませんでした、しかし、私はそれも誇りに思いませんでした」と、言いました。

The Ny Times ASIA PACIFIC: 2016/5/18

http://www.nytimes.com/2016/05/18/world/asia/south...

< >