local

いぬと、ねこと、わたしの防災
「いっしょに逃げてもいいのかな?展」に行ってきました。

2016年4月23日(土)〜5月22日(日)9:00-20:00 入場無料

いぬと、ねこと、わたしの防災「いっしょに逃げてもいいのかな?展」が開催中。

場所は三軒茶屋駅直結の「キャロットタワー3階」キャロットタワーには駐車場もあるのでとても便利な場所です。

自分がいざ、被災してみないとわからない「ペット同行避難」についてクリエイターが提案する同行避難が展示されています。

江口理架(29design)氏による折りたたみ可能なハウスの提案。

持ち運ぶ際はコンパクトになります。

犬と一緒のスペース確保の「疑似避難所」こちら展示されている毛布の横にあるペットゲージはリュックにもなり、いざという時に犬を背負って逃げ、避難所では犬たちの居場所になるというもの。

動物福祉を科学する ペット×災害のスペシャリストNPO法人アナイス代表 平井潤子 監修、デザイナーの見地から動物福祉向上のために愛護団体と協働 動物xデザインのスペシャリスト設計事務所ima 小林恭+マナ プロダクトデザインの「リュック型ペットキャリーGRAMP」

詳しくはこちら→リュック型ペットキャリー GRAMP

(設計事務所ima 小林恭+マナ プロダクトデザイン) ※会場では購入できません

パネル展示ではペット同行避難について詳しく解説してありました。

今回の展示会は偶然にも熊本地震と重なったこともあり、多くの関心が寄せられ来場者が訪れているそうです。是非、開催期間中に足を運び、ペット同行避難についてご家族で考える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

「もしも」のとき、あなたは「いつも」一緒に暮らしているペットを、守ることができますか?《同行避難》、という言葉があります。非常時に際し、飼っているペットと一緒に避難場所に逃げることを指し、行政としては同行避難を推奨しています。

しかしそこには、ペットと飼い主にとって多くの問題が横たわっています。「もしも」を考えると浮かぶ、さまざまな疑問。「キャリーに入ってくれるかな?」「持っていかなければならないものは?」「避難所では、別々に過ごすの?」「ペットのための備蓄やケージはあるの?」「動物を嫌がる人もいるよね?」


――そもそも、本当に、「いっしょに逃げてもいいのかな?」


本展は、「もしも」の時にペットを守るため、そしてペットと飼い主とまわりの人々との間でどんな問題が起こるのかリアルに想定し、ふだんからどんなことができるか、来場者とともに考えることを目的に開催します。
災害時のシミュレーションをイラストで展開し、その時に必要なモノ・コト・キモチを考えます。あわせて、クリエイターによるペットと防災をテーマにしたグッズの提案や、自治体・地域の取り組みなども紹介します。関連イベントとして、専門家とクリエイターによるトークイベントや、迷子ペットポスター制作ワークショップも開催。
いっしょに、生きていく。 いっしょに、生き抜こう。ペットと暮らしている人も、暮らしていない人も、いっしょに考える展覧会です。

参加クリエイター
小林恭+マナ(ima)/山本和豊(dessence)/長谷川晃一/
江口理架(29design)/福元成武(tank)/KIGI

開催場所:世田谷文化生活情報センター 生活工房ギャラリー

東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー3階

************************************************

《トークセッション「もしものために、必要なもの」》

ペットと防災についてさまざまな実践とともに研究を続けている平井潤子先生と、
本展参加クリエイターが、非常時に必要なものについて考え、語り合います。

開催日時:5月7日(土)14:00~15:30
トーク:平井潤子(NPO法人ANICE)×本展参加クリエイター

定員:当日先着50名参加費:無料申込不要・当日直接会場へ

《まいごポスターワークショップ》

被災地で紙の調達や写真の出力などをするのはとても大変です。
あらかじめ迷子ポスターを作っておくことは、
いざ迷子になったときに慌てることがないだけでなく、心構えという意味でも大切です。
わかりやすいポスターの作り方を、広告のテクニックを交えながら
グラフィックデザイナー・KIGIのお二人に教えていただきます。

開催日時:5月21日(土)14:00~16:00
講師:KIGI(植原亮輔/渡邉良重)
定員:抽選20名
参加費:500円
申込方法:5月9日(必着)までに申込フォーム、または往復はがき(〒154-0004東京都世田谷区太子堂4-1-1)で、住所・氏名・年齢・電話番号を明記のうえ、生活工房「まいごポスター」係あてにお申し込みください。

*****************************************

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
企画制作:Lucy + K/LEONIMAL BOSAI
特別協力:NPO法人ANICE
協力:世田谷獣医師会/昭和女子大学大学院 生活機構研究科 心理学専攻 清水裕研究室
後援:世田谷区/世田谷区教育委員会
アートディレクション・デザイン:髙橋剛
イラストレーション:七字由布
編集協力:小林祐子(レモンと実験室)

http://www.setagaya-ldc.net/program/325/

< >