~人間と動物が幸福に共生できる社会を目指して〜
滝川クリステル



8月26、27日東京大学本郷キャンパスにて「アニマル・ウェルフェアサミット2016が開催された。主催はクリステル・ヴィアンサンブル滝川クリステルさん率いる財団法人だ。

このアニマル・ウェルフェア(Animal Welfare)とは、日本語では「動物福祉」や「家畜福祉」と訳される場合があるが、「動物たちが自然に行動できるように、快適な環境を整えること」を指しており、動物福祉でも動物愛護でもない。人間と動物が幸福に共生できる社会を目指すことだ。

今回クリステル財団主催のサミットでは、主にペット(犬猫)に重点を置き、「犬猫殺処分ゼロ」を達成した自治体による事例報告会などが行われたが、こちらに就任間もない、小池都知事が登壇し、「東京都の殺処分ゼロはオリンピックよりも前倒しでやりたい。」と改めて来場者の前で公約し、注目を浴びた。

その公約を改めて表に引き出したのが、滝川クリステルさんが小池知事へ行ったインタビューだった。

クリステルさんは事前に、東京都知事選時に出馬する候補者の公約を全てご自身でチェックしていたという。その中で小池知事は都知事として初めて公約として、「東京での殺処分ゼロ」を掲げていた

小池氏自身、環境大臣の経験や、自民党動物愛護議員連盟の会長を務めていたこともあり、かねてより殺処分ゼロは関心が高い問題だったそう。小池氏が東京都知事当選を果たすと、クリステルさんはアニマル・ウェルフェアサミットへの登壇を打診。それを受け、小池氏は多忙なスケジュールの合間をぬい、サミットへ登壇してくれたという。

『小池知事が《ペット殺処分ゼロ公約》について予算をつけたということ、これはとても大きなことで、2020年東京五輪までに前倒しし、「ゼロ」にする意向を示してくださったことで、公約を守ってくださると思いました。また、小池知事自身も、保護犬を家族に迎えていたというお話をしてくださったのは、アニマル・ウェルフェアサミットが初めてとのことでした。他の地域ですでに殺処分ゼロを達成しています。東京でもできないわけがないと思います。財団でも2018年動物愛護法改正に向けて、重要な時期ですので、各動物保護団体へヒアリングを行ったり、署名活動を行うなどして積極的に「アニマル・ウェルフェアにのっとった殺処分ゼロ」に向けて動いていきたいと考えています。』

また殺処分ゼロ達成のため、行政がゼロという数字にこだわるがために、保健所が犬猫の引取りを拒否したり、引き取り手の現れない負傷した犬猫たちを長期間、医療処置も満足にせず、人手が足りない、設備が整わない保健所内などで過ごさせることも「アニマル・ウェルフェア」とは言えないとクリステルさんは話した。

先に殺処分ゼロを達成した神奈川県でも、行政が処分する数はゼロを達成したが殺処分の減少は、ボランティアの活動が支えてきたというのが現状。

行政の長期的な計画が必要で、一時的に「殺処分ゼロ」が達成されたとしても、それがゴールとは言えないため、処分されなかった多くの命をどうするか今後の大きな課題だ。

殺処分ゼロ達成の先に、遺棄されたどうぶつたちが、新しい里親の元に行くまでの期間の受け皿が少ないことも問題になっている。

そこで、クリステルさんの財団では「誰でもボランティアに参加できる入門講座」として「フォスター(一時預かり)」を推進し、フォスターアカデミーを開催している。

【いますぐ保護犬猫を引き取ることは難しい、一時預かり(フォスター)を始めるには不安が多い、多額の寄付ができない、でも何か自分にできることはないだろうか?】

どうぶつ保護の現場では色々な役割がある。レスキュー先からどうぶつを搬送するだけのドライバー、病院に連れていく、散歩に行く、シャンプーをする、譲渡会場設営の手伝いをする、SNSに情報をUPする、パンフレットを製作する、配布する…

動物を預からなくても触れなくてもできるボランティアもあるのだ。心で思っていても行動に移すことはとても難しい。

どこの保護団体で手伝いをするか、ということすらわからない人のために、一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルと一般社団法人DoOneGoodが手を組み、特定の保護団体などに属さない人をサポートしていく試みだ。どうぶつボランティアに関心がある人だけではなく、愛犬家・愛猫家としてもレベルアップできる内容になっている。

【「かわいい」「かわいそう」に執着心の強い日本】

フランス生まれのクリステルさんは自身のバッググラウンドもあり、西洋寄りの考え方を持つ。例えば安楽死に関しても、犬や猫の扱いに対してもクリステルさんから見た「日本」の動物愛護には違和感を覚えることがあるという。

クリステルさんがいま、日本でアニマル・ウェルフェアを根づかせたいと思う根本には、「ただ、どうぶつを家族に迎えている、飼っている、保護している」というだけではなくそこに「快適な環境を整えるという」「アニマル・ウェルフェア」という考えを持って欲しい」という強い気持ちがある。

『アニマル・ウェルフェアを考えるときに必要不可欠なのは、動物の視線に立って環境を見る・考えるということです。つまり動物の自然な行動、動物が本来どういう環境で暮らしているのかを考えることから始まります。

その際に、人間が感じる快適さと動物が感じる快適さは異なるものであるということ。楽をするのが幸せとは限らないということ。動物には生まれ持った性質を使い能力を発揮するための環境が必要であるということ。これらを忘れてはなりません。

日本人の「かわいそう」「かわいい」には少し過剰な側面があるように思います。暑い日ではないのに犬をカートに乗せてお洋服を着せて…too much な愛情、too muchな可哀想、「動物愛護」の説明はとても難しく、いつも悩みますが、過剰な愛情を注ぎすぎたり、なんでもやりすぎは良くないと思います。

愛している気持ちがあるから、声の出ない生き物の代わりに自分たちが声を上げなければいけないという気持ちは大変よくわかりますが、その中でも理解してほしいのは、動物を好きな人もいる、ただ、動物がダメな人も世の中にはたくさんいるということ。バランスが必要ではないかと思います。

根本的なありかた「命あるものとの共存共栄」原点に立ち戻り、ペット、家畜、全てにおいて人間だけが心地よいものを追求するのか?今後、ペットだけではないどうぶつたちのこと、家畜も含めて、しっかり広めていきたいと考えています。毎年、アニマル・ウェルフェアサミットをしっかり継続し、「単なる可愛い楽しいペットイベント」との差別化をしてきたいと考えています。』日本はアニマル・ウェルフェアに関して、他の先進国に比べてはるかに遅れており、2020年世界中からの人々を日本にお招きするという、またとない機会を、生きものたちとの共存を見直すチャンスとするために、いま、やるべきことだと思いクリステルさんは財団を立ち上げたと言う。

東京都が殺処分ゼロを達成することで、日本全国に広がり、クリステルさん自身もこうした啓発活動で大きな効果を出したいと語ってた。

************************************

滝川クリステル
CHRISTEL TAKIGAWA

1977年フランス生まれ。
青山学院大学文学部卒業。
2002〜’09年のフジテレビ『ニュース JAPAN』のメインキャスターを経てフリーに。
『NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…』(J-WAVE)、
『グローバルディベートWISDOM』(NHK BS1)ほかに出演。
WWF(世界自然保護基金)ジャパン顧問、世界の医療団 親善大使を務める。
2013年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
東京2020オリンピック・パラリンピック招致“Cool Tokyo”
アンバサダーとして招致活動に貢献。

一般財団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル

https://christelfoundation.org/about/statement.htm...

※財団では、ともに同じゴールを目指すパートナーを広く募集しています。

https://christelfoundation.org/support/


****************************

インタビュアー:Emi Sekiguchi

写真:CO(東京犬猫日和)

< >